FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.08 建て方(5)
 8月8日土曜日。朝から新築現場で大工さん・電気屋さんと打ち合せでした。お昼には設計士さんもいらして、大工さん・設計士さん・施主立ち会いで窓の決定をしました。と言いつつ、実はまだ2-3カ所、大きさが確定していない部分があるのですが、近く決まることでしょう。未定部分は、設計士さんからのお返事待ちです。

DSCF1300.jpg いざ、2階へ出陣!高いところに登るのは大好きですふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートDSCF1303.jpg

DSCF1301.jpg
DSCF1302.jpg 2階まで上ると、新居の腑とでも言うべき中庭が見えてきます。イメージしたのは寝殿造音符、目指したのは朝倉彫塑館キラキラ

 ランキングに参加しています。どうぞ、クリックしてねふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ





DSCF1305.jpg 右の画像ではサッパリ分かりませんが、屋根のルーフィングも完了していました。タイベックルーフライナーの使用を希望して、その通りに施工して頂いています。

 下の画像は、居間から道路越しに空を眺めた様子です。この居間-bは、床座の生活を念頭に、空と中庭を眺めて暮らせる場所として窓配置などを考えました。思い通りになっているかどうかは、サッシが配置されてからのお楽しみ3はーと
DSCF1306.jpg


DSCF1308.jpg 左は、台所から居間-aを眺めたところ。
 居間-aは、居間-bとは異なり、椅子座の生活を予定しています。

 居間-aで気になったのは、左下の眺めです。食卓の傍の窓から外を眺めると、お隣の公共施設の談話室(ピンク色矢印)からの目線に曝されていることになりますムンク
 何かしらの目隠しを考えねば焦る3
DSCF1312.jpg

DSCF1309.jpg 台所の天井。屋根が谷になっている部分で、おまけに鈍角の角と言う変形の場所。何だか複雑な形ですね。この梁は天井に隠されることになります。
 谷部分だけに、雨漏りのチェックなど兼ねて、ここの天井には屋根裏点検口を設けて貰わねばなりません。DSCF1310.jpg

 


DSCF1313.jpg 梁はオウシュウアカマツ集成材でした。何だか良く分からないまま、とりあえずネイルや床の合板も映してみました。2階の床の構造用合板、確り千鳥張りになっていましたよふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
 無論、細部は全て、大工さんにお任せです。どうぞ、雨風地震から護られて、我々家族が安眠できる家を造って下さいませbikkuri01DSCF1314.jpgDSCF1316.jpg







DSCF1299.jpg 最後の画像は、エコキュート設置場所の配管です。
 グレーが排水で、ピンクが給湯、グリーンが給水?何だか後3本程見えますが、一体どれが何なのやらjumee☆whyL
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://corridorhouse.blog26.fc2.com/tb.php/101-7e2a8443
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。