FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.04 建て方(12)
 本日、イソイソと現場に向かって目に入ったのは、屋根に登った無数の職人さん達。
DSCF1458.jpg 屋根葺きが始まったようです3はーと
 一気に家造りスピードが速まった気がします音符
DSCF1460.jpg
 上から見下ろした光景=定点観測ポイント4からはこんな感じに見えます。

DSCF1466.jpgDSCF1468.jpg
DSCF1469.jpg 一枚一枚、張るのには正確な作業が必要なようです。
 この部分、鈍角に2つの棟がぶつかる角なのですが、屋根の形状もヤヤコシイのでしょうね。
 私はと言えば、隣接する建物の休憩室で、お茶を一服しつつ、見物ふるーつ☆Cultivation・笑(小) なんと優雅な昼下がりふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

 ランキングに参加しています。どうぞ、クリックしてねふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ



DSCF1470.jpgDSCF1472.jpg 端を固定中



DSCF1446.jpg 左は、寝室の窓。
 南側に隣家の庭がある為、日当たりは非常に良いのですが、ある意味無防備な場所なので、通風防犯シャッターで守ることにしています。
 要塞化の一途を辿る新居!?
 でもでも、、、フェンスから防犯シャッターを足がかりにして、屋根の上に登られて、中庭に侵入されたらどうしようがーん
 ・・・既に病気でしょうか?その筋の屋敷じゃないんだからっ汗あせ



DSCF1447.jpg 数カ所の壁に合板が貼られていました。右は、寝室とホームバーを隔てる壁です。
 着々と部屋の形が出来上がっていきます3はーと

 下は、寝室の中庭側=北側。ウッドデッキに自在に出入りできるよう、ここにも2枚建片引き掃出し窓が設置されています。
 決して広くはない寝室ですが、ウッドデッキと面一で繋がることで、使用勝手上も見た目の上でも、中庭の広さまで取り込める筈!?
 左下が半閉じ。右下は全開。
DSCF1449.jpgDSCF1450.jpg

 親世帯の寝室は、多少広くしました。介護ベッド・・・なんて使わないで済みたいものですが、ある程度広さがあった方が、何かと対応できますからね。
DSCF1451.jpg この部屋も、開口の設け方の基本は同じです。
 外には最小限の通風のための開口(右画像)。就寝時に解放していても、侵入される恐れのないサイズのもの。

 中庭には、可及的に広い開口(下画像)。ウッドデッキ&中庭まで部屋に取り込めるように音符
DSCF1452.jpg

DSCF1453.jpgDSCF1454.jpg 左は、親の寝室に付随する、2坪大のWIC。
 箪笥3棹を設置し、残りの部分にはハンガー用のパイプを取り付けて貰おうと考えています。
 寝室と、このWICを繋ぐ為に設けられる開口部は、1間間隔の柱の間。逡巡した挙句、開口の1/3に薄い壁?を設けて貰い、その壁に沿って2枚連動片引き建具を仕舞える様にして貰いました。つまり、開口可能な巾の約2/3=100cm強?が、WIC出入り口の巾になるわけです。




DSCF1455.jpg 浴室の縦滑り出し窓です。
 間近で見た感じ、中庭への潜り戸代わりに十分利用できそうです。窓を実際に開けて、出入り具合を試してみたい衝動に駆られましたが、足場が建物の周りにある現況では、窓を全開することは不可能。
 足場が外れるまで、浴室中庭往復で遊ぶ!?のは、オアズケになるようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://corridorhouse.blog26.fc2.com/tb.php/111-53af7c53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。