FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.18 断熱工事(1)
 断熱工事は順調に進んでいます。昨日は、アクシデント発生故に、現場で写真を撮ることが出来なかった為、改めて本日、内部の様子を見学しにお邪魔させて頂きました。
P1000038.jpgP1000039.jpg 右は個室-d。
 壁は一面新聞紙に包まれたようになっています。壁はCF吹き付けのため、1週間程、このまま乾燥させるそうです。

 下は、主階段の踊り場の窓です。
 階段に開閉できる窓があると、空気の流れが良くなるのではないかふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートと期待して、ここに窓を設けてみたのですが、窓が一つあるだけで、随分と明るさが違いますね。
 最終的には、天井・壁共に白色になるため、もう少し今よりは明るくなるのではないかしら?


P1000040.jpgP1000049.jpg

P1000041.jpg リビング(居間-b)では、天井にCFを吹き込む作業を行っていました。布団乾燥機で温風ならぬ新聞紙の断片を吹き込んでいるような感じです。
 床は、新聞紙の屑だらけですが、もともと活字中毒&乱読の我々一家、自分たち自身が紙魚の類!?であるためか、紙屑は不思議と汚いと感じませんでしたふるーつ☆Cultivation・笑(小)

 ランキングに参加しています。どうぞ、クリックしてねふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ





P1000042.jpg 右は、台所の窓&排気扇のための開口です。台所が思いの外暗かったのが、少々気に掛かるのですが、そうは言っても、耐力壁部分に窓を広げるor増やすことは不可能ですし、現状がベストなのでしょうね。
 天井・壁が白色などに仕上がるにつれて、明るくなるのではないかと期待しています。
 台所の隅には、分電盤を設置する為、下の画像の如く、配線が凄まじいことになっています。何が何やらjumee☆whyL

P1000043.jpg
P1000044.jpg
















P1000045.jpg 右は、ダイニング(居間-a)の壁。
 写真に写っている、腰高引違い窓2つは、上棟後に遮熱Low-Eガラスに変更して貰いました。2階に実際に上ってみたら、隣の建物の休憩室から互いに丸見えなんだものがーん
 遮熱Low-Eガラスは、昼間であればマジックミラーのように反射すると小耳に挟んだが故の変更ですが、そこそこ効果はありそうです。ダメであれば、入居後に無い知恵ふるーつ☆Cultivation・笑(小)を絞ることにします。夜は、カーテンを閉めれば良いでしょう。いずれにせよ、深夜になれば隣の建物は無人になりますしね。
P1000046.jpg ダイニングの天井にもシートが貼られています。
 天井は屋根直下でのCF吹き込み断熱。CF断熱を初めて見る為ハッキリとはしませんが、多分まだこの部分には、CFは詰められていないように思います。
 天井がCFのシート露出のままになっている、この状況も結構面白いですけどね。建築家の方とかの自邸だと、このままのSOHO的な状態で仕上がりとしてしまうこともあり得るのかしらjumee☆whyL
 ただ、照明器具を天井に付ける場合、配線が露出になってしまう? あまり現実的ではないかもしれませんね。
 下は、ダイニングから見下ろした中庭。
P1000048.jpg

P1000047.jpg 2階の納戸もしくは書斎もしくは趣味部屋。

 断熱工事は、ビルトイン駐車場の上=リビングの下にも、施されることになります。駐車場の天井にもシートが見えますね♪
P1000053.jpgP1000054.jpg

P1000050.jpgP1000051.jpg 断熱材のCF(セルロースファイバー)は、アップルゲート社のものが今回採用されています。業者選びやCF断熱工事の詳細は、全て設計士さんにお任せしました。
 CFを断熱材に選んだのは、
・防音:
  高い性能を、建材の展示会で実感しました。
・防火
  燃えにくい&青酸ガスを発生しない。
  無論、燃え方によってはCOは発生するでしょうけれど。
・防虫
  新聞紙がホウ酸漬になっている=ホウ酸団子の類似物??
  イメージ的に、ゴキブリが増えないような気がします。
  シロアリもゴキブリの仲間に思える私にとって、シロアリ除けのお呪い効果も!? 
・自然素材
  自然素材と言うよりは、新聞紙が素材であるってことに、好感を抱きました。本・雑誌・新聞その他、活字のものは何でも大好きですふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
 




P1000052.jpg 上のCFは、右の機械を通って、施工場所に送られていきます。この機械が何をしているのかが結局良く分からなかったのですが、、、orz 均等に解してかき混ぜているjumee☆whyL
 この機械から伸びるチューブの先では、天井吹き込みの作業が行われているようでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://corridorhouse.blog26.fc2.com/tb.php/118-9aeff2f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。