FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ペーパーホルダーを始めとする小物は、気軽に遊べる小物ですよね。可愛い雑貨屋さんで売られているようなアイアンの品を採用している例も、雑誌でよく目にします。私も様々な品を見比べてみたのですが、
 ・今回の家はシンプル・ナチュラル・モダンがテーマ  ←誰が何時決めた?ふるーつ☆Cultivation・笑(小)
 ・実用性は無視できない:紙を切るのに苦労しない・ペーパーが落ちない且つ交換し易い
 上の2点を満たすものとなると、メーカー品で十分、むしろメーカーの品の方が該当する品が見つかるのです。メーカーショールーム巡りは楽しいですね。独りで勝手に見て回るのが好きな私は、あちこちのショールームに一時期足繁く通っていました。2008年1月~7月頃のことです。
TOTO・INAX・YAMAHA・PANASONIC・サンウェーブ・クリナップ・ナスラック・タカラ・ノーリツ・TOYOキッチン・ジャクソン・ YKK・TOSTEM・KOIZUMI・ODELIC・山田照明・サンゲツ・リリカラ・川島セルコン・TOSO・立川ブラインド・ハンターダグラス・セラトレーディング・カルデバイ・ユーロモービル・サンワカンパニー・アドヴァン・グリーンハイキ・AGAPE・etc.etc.
 他にも、インテリア・家具系ショップを数えきれぬ程。家造りの準備期間が長かった&暇人でしたからねふるーつ☆Cultivation・笑(小) KAWAJUNショールームに出向いた頃には、ATOM・スガツネ等のショールームにも手を出し始めていました。今考えると我ながら恐ろしい。一種独特のオタク臭でも放っていたかもふるーつ☆Cultivation・笑(小)
 KAWAJUNでは、ショールームの素敵なオジサマにお断りした上で、目に止まったデザイン&素材の(私は樹脂が嫌いなのです。理由は何となく汗とか。ペーパーホルダー多数を相手に、紙を千切り続けました。(ペーパーは捨てる場所が見つからず、仕方なく家に持ち帰って掃除に使いました焦る3
ホルダー1ホルダー2 激闘の結果選んだのが、左の2品。
 左の壁埋め込みタイプは一部樹脂なのが気にくわないのですが、主張が少ないのが気に入った品です。
 右側は、ペーパーが中に入ると、この画像の如きすっきりしたデザインが崩れて、単なるペーパーホルダーになってしまうのが少し残念な品です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ 散々トイレットペーパーを千切って満足して、決まった筈だったのですけどネ。探せば探す程、世間には様々な品が見つかるのです。興味のある方はポチして下さいね♪

 無垢のペーパーホルダーというのも一つの選択肢です。3つ並べてみますね。
ホルダー3entry No.1
ペーパー交換は蓋を上げて、丸棒を入れたペーパーを落とし込む。
ナラ&ウォールナット
H103×D125×W155 ¥13,500

素敵だけれど、少し木工品としての存在感が強すぎて新居のトイレには合わない?木の種類によっても、かなり雰囲気が変わります。






ホルダー4entry No.2
丸みを帯びた蓋もペーパーの芯棒も、全て杉で出来ている。
H170×D100×W100 ¥3,780

 リーズナブルの値段で素朴なデザインも悪くないが、もう一押しかな。ナチュラル感を主張し過ぎ等と記したら、怒られそうですね汗とか

ホルダー5entry No.3
無垢(ウォールナット/メープル/ナラ/チーク)&アルミニウム
H96×D86×W160 ¥4,800
 ごく普通の形ですよね。紙切れが良ければ悪くないけれど、メーカー品と大差ない気もします。

ホルダー6 批評ばかりしていますが、結局の所、何を選択したのかというと、右の品です。あくまでも現時点での候補ですけれど焦る3
 手摺を兼ねるペーパーホルダーで、素材がSUS304。用の美を好み、ステンレスやチタンを愛する私の心をくすぐる品です。何てことはないデザインながら、スペアのロールを把持でき、且つ使われるロールは片方だけ。(←ここ、重要です。2つのロールともに中途半端に目減りするのは美しくない!) 補強した壁に設置しておけば、取り敢ずの手摺りも兼ねるため手摺り代が節約できるし。(吝嗇?ふるーつ☆Cultivation・笑(小))
 終の棲家にするつもりである以上、バリアフリーを考慮して家造りを考えているものの、余りにもバリアフリーを前面に押し出したデザインは家の中に取り入れたくないのです。さりげなくインテリアに調和していて、尚かつ便利な物が良い。本当に不自由な身体になってしまったら、そうも言っていられないでしょうけれど、その時にはどうせある程度の改装が必要ですからね。

 今回、輸入物は特に考えませんでした。国産品で十分希望を満たす品が見つかったので調べるのが面倒だったのと、輸入物を選ぶことでコストメリットが出るとは考えにくかったためです。元々、私は国産品至上主義、輸送費用と関税を支払うなんて馬鹿馬鹿しいと思っているのも影響していますね。ちなみに、アメリカの品ならサイズ的にも使えます。欧州の品は、日本より小さいサイズのペーパーに合わせて作られているため注意が必要です。

 ペーパーホルダーと対で揃えることが多いタオル掛け。今回、敢えて新築時には設置しないことにしています。その心は、
・コスト削減orz
・類似の品が多く、デザインチェンジ&廃盤品となったと後悔するとは考えにくい:シンプルなステンレスのタオルバーなど、掃いて捨てる程ありますよね!
・素人でも簡単に後付けできる
・設置すべき場所がよく分からない:2カ所のトイレ共に、近くに手洗いを設けましたが、広めのボウル一体型カウンターを選んだので、タオルはボウルの脇(カウンター上)に畳んで置くのでも十分便利かと。1-2回/日で取り替えれば良さそう?
 気に入っているタオルバーがないわけでもないのです。スガツネのフラグシップ、ZWEIL。SUS316で鏡面仕上&ヘアライン仕上でデザインされたタオルバーは美しかったなぁ3はーとでも、高過ぎムンク タオルバーに、大金支払えませんっ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://corridorhouse.blog26.fc2.com/tb.php/12-06b3495b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。