FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
takumi.jpg カウンタースツールを一時期、朝から晩まで調べていました。今回ご紹介するスツールは、その頃見つけた品の一つです。
 目黒駅を始点として、目黒通り沿いの家具屋・インテリアショップを散策していたときに、目黒通りを隔てた向こう側に、何となく良い佇まいのショップを見つけました。帰りがけに立ち寄ったのこちらのお店です。
 店内に足を踏み入れ、ザッと見渡したときに、下のスツールが目に飛び込んできました。


craft005.jpg材質:カバ 仕上:ウレタン塗装
L  (左画像)
[寸法] W300×D280×H650mm [価格] ¥58,800
S (足乗せ板が無いデザイン)
[寸法] W300×D280×H570mm [価格] ¥52,500
座り心地が非常に良いのです。ワーキングスツールと言うだけあり、背筋がピンと伸びます。炊事・アイロン掛け・裁縫など家事に良さそう。
旭川の匠工芸
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村家具はとことん探すべきだ!とご賛同頂ける方は、ポチを♪



 デザインと質感にと言うよりは、座り心地に惚れたスツールですが、脳裏にあるバーカウンターには高さが足りない。カウンター高さに合わせると、SH=700~750のかなり高めのスツールが必要でしたから。それに、このスツールは、「くつろぐための」品ではないですしね。台所に1脚欲しいなぁと思いつつも、脳裏の「狙っている家具リスト」に登録したまま数ヶ月が経ちました。

 2008年年末。この椅子の展示処分品が市場に流れたのを見つけました!執念実る?ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート 喜び勇んで購入♪無論安い買い物ではないですが、送料込みで半額以下で買えたので御の字でした。
 このスツールを手に入れたことで、台所計画までスツールに合わせて変える気になってきました。第一、スケジュールが遅れに遅れて、着工日も未定のままの新築、台所の変更も十分可能な時期でしたからね。
 本末転倒だとは分かってますヨ!でも、世の中そんなものですよね? あ、違う?
 シンク下まで引出にしようと考えていたのが、スツールに座したままでも作業しやすいよう、シンク下をopenの空間にすべく考え直したのですが、
・シンク下の引出は配管を避ける分手間の割に収納量が少ない。コスト削減?
・シンク下にゴミ箱を仕舞えた方が導線に無駄がない?
・シンク下に生ゴミ処理機も設置することにして、換気扇・コンセントを準備しておけば便利かも?
などの理由を後付けしてはいるものの、要は「スツール買っちゃったんだものbikkuri01」が本音でしたw
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://corridorhouse.blog26.fc2.com/tb.php/23-153be6a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。