FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 中庭の水遣り・洗車に雨水を利用しようかと、一時期結構本気で検討しました。幸いにも、昨年掘った井戸の水の出が悪くないようなので、雨水利用を殊更に行う必要はないかもしれません。
 でも、最終的な井戸の水量は、完成までは不確かですから、キャッシュを元に、新ブログ内にも雨水タンクの記事を記すことにします。それに、自治体から助成金も少額ながら出ますしね!ww
 尚、雨水を屋内に引き込むと色々と面倒なので、屋外でしか井戸水・雨水共に利用しません。トイレ排水に上水道を用いるのは何だか勿体ないですけれどね。アクアリウムの水には、井戸水を利用するつもりです。

 雨水タンクの基本的知識を基に、大事そうなことを纏めると、
・屋根や樋に鉛を用いないこと:これ、雨水利用しなくても大事ですよね?
・初期雨水の除去装置をつけること
・不透明で開閉が容易で無い蓋が付いている、耐久性のある容器であること
・日陰に置くこと  ← 当初設置予定だった場所は日向なので、これ、重要!!
・内部清掃がしやすい形のもの
・200L前後のものが、家庭用としては無難?
縦樋に雨水取り出し口だけつけておき、下に石臼・古備前の壷でも配しておくのも風情があります。
     http://www.tanita-hw.co.jp/item/water-pakkon.htm
ただ、我が家は和風住宅ではないから、あまり意匠的なメリットは無いし、第一、水を普通に貯めておいたらボウフラが湧きそう。種々の品を調べましたが、シャープなステンレス製タンクが好みのようです。ステンレスやチタンの色、だ~い好き♪(←職業病) 無論、SUS430ではなくて、SUS304の物を狙います。ラティスや鉢植えで目隠しする手もありますが、メンテナンスと使い勝手を考えると露出した状態で設置したい。
 こちらに雨水タンクがズラリと並んでいます。目に付いても気にならないデザインのものというと、
レインバンク:150L。ちょっと容量小さいですよね。
天恵:200L。良質な雨水のみ貯める工夫がされているとのこと。
 有限会社大成という会社が作っていたはずなのですが、メーカーHPが消えました。もしや、倒産?
 250Lの水神もありますが、外観が単なるドラム缶ですorz
雨ボトル:高すぎ!!却下。
 ポリ製等の安いものを使用するのも検討すべきでしょう。

 初期雨水除去設備を備えていない製品には、  等を併用した方が良いのかしら?

 応援クリックを頂けると、記事を書く励みになります。宜しくお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へFC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://corridorhouse.blog26.fc2.com/tb.php/31-72d5a7b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。